木村眼科クリニック

 当クリニックについて

院長のコラム


◆眼科医は勉強しているか?◆  ―眼科専門医制度について―


医師国家試験に合格した後に大部分の医師は専門分野を決めて 臨床の知識と技術を修得するために大学の医局に入りゼロから 勉強を開始します。
眼科医の大部分が所属している日本眼科学会と日本眼科医会は 眼科医の知識と技術を高め優れた眼科医の養成と生涯にわたる 研鑽を図る為に専門医制度を昭和58年に発足させました。

~専門医制度の内容~
眼科専門医になる条件
眼科専門医制度委員会が定めた研修指定病院(施設・教育スタッフ・症例の整った大学病院や国立病院など)で5年以上研修後に専門医試験に合格することとされています。
5年間の研修内容も細かく規定されております。
医の倫理、一般初期救急医療、眼の解剖・生理・病理・眼光学・免疫・遺伝等の基礎知識に加え30以上の診断技術の修得、白内障・緑内障・網膜剥離・光凝固など50症例以上の手術の経験を有する事 学会発表や論文が2報以上あることなどです。

眼科専門医を更新する条件
専門医を取得すると認定証がもらえますが期限は5年間しかありません。
この5年間に勉強をして100点を取得すると更に5年間更新できます。
点数は学会に1回出席すると2~3点、発表すると3点、眼科の雑誌を購入すると1点などと細かく決められております。
学会に出席させたり、医学書を買わせることにより日進月歩の眼科知識の向上と維持を目指しているのです。

☆ちなみに私(院長)は、再更新1年5ヵ月の現在、既に94点も獲得して おりますので【とても良く勉強している】と言う事になっております、はい。



コラムの目次へ  旧コラムのページへ