木村眼科クリニック

 当クリニックについて

院長のコラム


◆医療費の無駄遣い紛失薬代◆  ― 紛失した薬代に保険適応はありません ―


70歳の患者さんに緑内障の点眼薬3種類を各3本合計9本を処方しました。
ところが、翌日にまた薬を希望して受診されました。受付で理由を尋ねたところ、 「昨日もらったが紛失してしまった、毎日必ず使用するように言われているのでもう一度処方してほしい」とのことでした。 患者さんに「緑内障点眼はあなたの目にとって大事です。紛失したなら処方しましょう。 しかし、昨日処方したばかりだから保険は適応されません。全額自費になり、9本だと1万6千5百円です。 これからは、なくさないように注意して下さい」と説明しました。
患者さんはやや不満げに「保険薬が全額自費はおかしい、他の病院ではすぐ出してくれた。そのために高い保険料を払っているのだ」と主張されました。 「お店で買った品を、当日なくしたからと言っても、ただでもらえないと同じです。紛失した薬に保険の適応はありません。もう一度よく探してみてください」と話しました。 その日の夕方に電話が入りました。「車のシートの間にありました!!」
患者さんも医療機関も、無駄な医療費を使わない様に心がけ、規則を守ることが大切です。



コラムの目次へ  旧コラムのページへ