木村眼科クリニック

 当クリニックについて

院長のコラム


◆緑内障カードの発行について◆  ― 他科での診療に役に立ちます ―


緑内障の患者さんが、他科を受診される際に便利な緑内障カードの発行を開始しましたのでその内容と理由についてお話いたします。
眼科以外の科で胃腸、心臓、泌尿器疾患や胃カメラ検査などで、瞳孔散大作用がある抗コリン剤を使用します。また抗うつ剤にも抗コリン作用の薬剤があります。 この抗コリン剤の使用にあたっての注意書きには「瞳孔散大のために眼圧上昇の恐れがある」と記載されていますので、緑内障の患者さんに抗コリン剤を投与する場合に は眼科への問い合わせが求められています。しかし、緑内障の中の閉鎖隅角緑内障のみが抗コリン剤投与に注意が必要で、それ以外のタイプの緑内障の場合には 抗コリン剤投与はなんら問題ありません。そこで患者さんと他科の利便性をはかるために、緑内障患者さんに、緑内障のタイプと抗コリン剤使用の可否を記載した緑内障カードを発行することにしました。 このカードを他科受診の際に提示することにより、抗コリン剤投与の可否がすぐわかり、効率的な医療となり、医療費削減にも貢献できます。先月開催のいわき眼科集談会で 他の眼科医療機関にも、この緑内障カードの発行を提案しました。



コラムの目次へ  旧コラムのページへ