木村眼科クリニック

 当クリニックについて

院長のコラム


◆ロービジョン外来◆  ― 視覚障害者のQOL向上をめざして ―


視覚障害者のQOL(Quality Of Life生活の質)向上をめざして昨年福島ロービジョンネットワークが設立され、 いわき地区の世話人として参加しました。これまで白内障手術などには熱心に取り組んできましたが、 視力障害が固定してしまった患者さんのQOL向上への取り組みには「もう治りません」と宣告するのみの消極的な 姿勢であったと反省しています。3月にロービジョンネットワーク講演会に参加し、新潟信楽園病院の山田先生の 公演に感銘をうけました。中途失明者の自殺を契機にロービジョン外来を立ち上げ視覚障害者のQOL向上に成功し 自殺者ゼロを達成していることを学びました。ロービジョン外来の内容は、歩行訓練、点字、音声パソコン指導、 こころのケア、日常生活用具・ 更生施設・援助制度の紹介、調理教室、化粧教室、拡大読書器の使用法の指導などを 積極的に行っているとのことでした。視覚障害リハビリテーションは診療報酬の対象外ですが、採算を度外視してでも、 まず医師が率先して取り組むことが今求めれていることを実感しロービジョン外来開設に向けての準備を進めております。 現在ロービジョンケアに熱心に取り組んでいる眼科医療機関は全国で170施設(全施設の1.5%)であり、 県内は6施設にとどまっています。



コラムの目次へ  旧コラムのページへ