木村眼科クリニック

 当クリニックについて

手術


当院で施行している主な手術についてご紹介致します。

  【1】 白内障・人工水晶体手術
  【2】 硝子体手術
  【3】 緑内障手術
  【4】 眼瞼下垂手術
  【5】 涙目の手術(シリコンチューブ留置手術)
  【6】 麦粒腫・霰粒腫手術
  【7】 翼状片手術
  【8】 レーザー手術
  【9】 他院を紹介して行う手術

当院の手術室は2階に配置しておりますが、エレベーターはございません。
階段の昇降ができない方は申し訳ありませんが他院での手術をお願いしております。


【1】

白内障・人工水晶体手術

濁った水晶体を目から取り出し、人工水晶体を挿入します。
この20年間に飛躍的な進歩を遂げ、コンピューターで制御された超音波乳化吸引装置を 使用した手術が安全で確実に行われるようになりました。
この手術の特徴は創口が小さい、点眼麻酔でできる、手術時間が短い(10~15分前後)、 眼帯は一晩のみ、安静は不要、日帰りで行っております。

TOPへ


【2】

硝子体手術

糖尿病性網膜症、硝子体出血、加齢黄斑変性症、黄斑円孔、黄斑前膜などの硝子体手術を日帰りで行っております。 同時に白内障手術を行うこともあります。

TOPへ


【3】

緑内障手術

薬物治療で眼圧コントロールが得られない場合に手術を行います。
レーザーによる治療は通院で短時間に疼痛もなく容易に行なえます。 その効果が不十分な場合には眼内手術を行います。 眼内の水の流れを良くするために強膜の下に下水管を作成する手術で、やや複雑なため約1時間を要します。

TOPへ


【4】

眼瞼下垂手術

上眼瞼にある眼瞼挙筋が先天性か老化現象で力が無くなると、 瞼が下がったままとなり手術が必要となる場合があります。
上眼瞼の縁にそって切開を入れ眼瞼挙筋露出し縫い縮めます。 局部麻酔で20~30分の外来手術となります。

TOPへ


【5】

涙目の手術(シリコンチューブ留置手術)

涙の通路(涙小管、涙嚢、鼻涙管)に細くて柔らかいシリコンチューブを挿入する簡単な手術です。
外来手術で約10分で終了し、一晩眼帯をします。成功率は約70%ですが涙目で悩まれている方はご相談ください。

TOPへ


【6】

麦粒腫・霰粒腫手術

薬物治療で良くならない時に眼瞼を反転させて裏側から切開排膿します。 局部麻酔で約5分ですが当日は眼帯をします。

TOPへ


【7】

翼状片手術

角膜上に鼻側から三角形の結膜組織がかぶさってくる疾患で、進行したら切除手術をします。
再発しやすいのでその予防の為に抗癌剤の使用と結膜の移植を行っています。 局所麻酔で約40~50分を要し、当日眼帯となります。

TOPへ


【8】

レーザー手術

糖尿病性網膜症、網膜剥離、緑内障、後発白内障、眼底出血などに外来でレーザー治療を行っています。
点眼麻酔で散瞳下に特殊コンタクトレンズを使用して3~5分で終了し、安静、眼帯は不要です。

TOPへ


【9】

他院を紹介して行う手術

網膜剥離、角膜移植の手術、 全身麻酔を必要とする小児疾患手術は当院では行っておりません。 専門医、麻酔医がおり、かつ設備の伴った総合病院または大学病院を紹介しております。 紹介先は慶應義塾大学病院、杏林大学病院、東京医科大学病院、 福島県立医科大学病院、 東京歯科大学市川病院、国立成育医療センター、水戸小沢眼科病院、総合南東北病院。 ホームページのある各病院の詳細についてはリンク集よりアクセスしてご覧ください 。